じんのすけ日記

成功より成長にとらわれろ!

思いやりの心を持つ為には

どーも、じんのすけです

「思いやりの心」当たり前やんと思われがち

 

ですが、なかなか日常を振り返ってみたら、

 

「思いやりできてなかったなー」と後悔

 

する時無いですか? そんな後悔をできる

 

だけ無くす為に、思いやりの心を持つ為に

 

何をすればいいかを、書いていきます

 

思いやりは、コミュニケーションをする土台だと思ってますので、再確認の為、学んでいきたいと思います

思いやりとは

相手の気持ちになり、気配り、目配り、心配りをすること

相手に優しくすること

 

相手の立場で気持ちを考える

相手を大事にしようと考え、自分事のように

 

相手の事を考える 相手に対して興味をもったり、好きになると理解しようと考える

 

どんどん自分の周りの人に興味を持ち、人として好きになろう

 

笑顔を大事にする

自分の気持ちもハッピーになるし、

 

相手もハッピーになります

 

相手の事を考えたらどんな時でも

 

笑顔ができる人は思いやりがある人です

 

笑顔は相手の為にする事です

笑顔をどんどんばらまいていきましょう

 

観察力を高める

気遣ったり、誉めてあげたりできる人は、観察力がある人です

どんな人でも、気遣ったり誉めてもらう事は、

うれしい事です

 

自分を律することができる

しっかりと自分のルールがあり、マナーがある人が思いやりがあります

相手がやってほしくない事は、自分もしない事を徹底しています

 

自分を成長させながら、相手の事を優先する

自分を大切にする事と、人を大切にする事の

バランスがとても重要になってきます

自分の事を考える時と、相手の事を考える時の、タイミングが重要です

例えば、人の話を聞くときは、話を全部聞いて、共感し、受容して、自分の意見は、こうですよと言うのが、良いと思います

 

怒りの感情はその場で出さない

怒りの感情は、マイナスの感情なので、相手の事を考えると、言わないようにしましょう

ハッピーにはなれません

 

やたらめったら謝る

言葉に重みがなくなるので、信用が無くなります

本当に必要な時だけ、謝るようにしましょう

 

まとめ

思いやりを持つことは、コミュニケーションするうえでとても大事な事です

自分も楽しいし、相手も楽しくなり、人生が豊かになります

少しでも日々の生活で意識していきたいです